水のトラブルをそのままにしておくデメリット

水のトラブルの被害を抑える方法 水のトラブルの被害を抑える方法

応急処置をしなかったことによって起こるトラブル

応急処置をしっかりしないとどんなトラブルが起こるのでしょうか?意識しておきたい二次被害の例を紹介します。

水漏れが与える二次被害

シミやカビ
水のトラブルが広がると床や壁が傷むので、シミやカビが心配です。湿気がこもった木材を放置するとどんどん傷んでいくものなので、住まいの基盤までダメージが広がると、取り返しがつきません。また、お部屋の中がカビ臭いなど生活の質に影響する問題の引き金にもなり、放置すると面倒です。それから、賃貸物件にお住まいなら退去時の原状回復費用がかさみ、敷金が返ってきません。下の階まで水漏れが広がると責任問題にも関わるため、早めの対処が必要でしょう。
白蟻被害
床下に湿気がこもると白蟻の温床になりやすく、基盤がどんどん傷んでいきます。すぐに表面化する問題ではないにしても、水漏れをいつまでも放置するのは危険です。白蟻以外にもゴキブリ、ナメクジなど湿気を好む害虫はたくさんいて、知らないうちに繁殖します。水漏れで傷んだ木材は害虫の格好の住み処になるため、家全体が危険です。ダニが増えるとアレルギーなど健康面のトラブルも心配なので、湿気対策を兼ねた水漏れ解消を考えましょう。
漏電
水のトラブルで怖いのが、溢れた水が電気機器にかかって起こる漏電です。コンセントやスイッチが濡れてしまうと、電源を入れた瞬間に火花が散るリスクがあります。最近の家電の配線部分は通電しにくいようにカバーされているケースがほとんどですが、濡れた状態が続くのは危険です。マンションなら下の階にある照明器具への影響が心配で、故障や不具合の原因となります。漏電から起こる火災など二次被害が怖いので、専門業者に相談しましょう。

応急処置が自分を救う

修理

応急処置の正しい知識があれば、水のトラブルが起こったときでも安心できます。恐ろしい二次被害を防止することにも繋がるので、応急処置は重要です。

TOPボタン