応急処置グッズを活用して水のトラブルをクリア!

水のトラブルの被害を抑える方法 水のトラブルの被害を抑える方法

いざという時のために持っておきたい応急処置グッズ

水のトラブルが起きたときに活用できる、便利グッズを見ていきます。応急処置をスムーズに進めるために、必要に応じて用意しましょう。

水のトラブルに役立つグッズ紹介

レクター・アーロンテープ
水漏れした箇所に使える特殊なテープで、ホースや排水管の補強に活用します。水のトラブルが起こったときの応急処置にぴったりの手軽に使える形状なので、ご家庭に用意しておくと安心でしょう。接着剤を使わずにダメージを受けた箇所を密封できるため、細かい箇所にも利用できます。テープを巻くだけでは水がしみ出してくる可能性もあるため、レクターハイテープ・レクターシールなどを使ってカバーすると、より強度が高くなります。
水止め一番
ひび割れなどが原因の水のトラブルで使用する接着剤、傷ついた部分を埋めるようにカバーして補強します。水に強い素材でできているため浴槽のひび割れなどに効果的で、固まった後に塗料を上塗りして仕上げます。作業に慣れていない方でも使いやすい形状と、伸びの良さが魅力です。コンクリートや木材などにも使えるので、日常的なDIYにも活用できます。強度が求められる箇所の補強にぴったりなので、工具入れに入れておくと活躍します。
水中ボンドE380
バスタブにヒビが入ってお湯を溜められなくなったときなど、緊急で修繕したいときに活用できます。完全に乾燥できないところに使用する特別なボンドで、水に濡れた状態でもしっかり乾燥してくれます。ヒノキの浴槽など木製のバスタブには特に高い効果を発揮するので、お風呂に入っているときに気付いた水のトラブルにも安心でしょう。

持っておくと安心

応急処置グッズを用意しておくと、今すぐ何とかしたい水のトラブルに対処できます。業者が到着するまでの一時的なメンテナンスにも役立つので、気になったアイテムを購入して、水のトラブルに安心して対応できる準備をしましょう。

TOPボタン