突然の水のトラブル~応急処置の方法をチェック!~

水のトラブルの被害を抑える方法 水のトラブルの被害を抑える方法

水のトラブルは応急処置が重要!

蛇口

水のトラブルが起こったら、応急処置が重要です。まずは応急処置の重要性や、適切な処置方法を把握しておきましょう。

応急処置の重要性

トラブルを放置すると、いろいろな問題が出てきます。水漏れなら床や壁が水浸しになって、後の掃除が大変です。また、洗面台などの水詰まりでも、水が溢れて周囲が汚れます。排水溝が詰まった状態で水が溢れ出すと悪臭が広がって、生活環境が悪くなります。そのため、なるべく早く対処しないと被害が広がる一方なので、応急処置を行ないましょう。最近では水のトラブルを解決する応急処置専用のグッズも多く販売されているので、チェックしておくといいかもしれません。

効果的な応急処置~水漏れの場合

水を止める

水漏れしている場所の蛇口をかたく閉めて、止水栓を閉じてください。止水栓は、水道メーターボックスの内側にあるはずです。賃貸マンションなら、水道契約したときに触った場所を確認しましょう。止水栓を閉じれば水漏れは一旦おさまるので、水道代がどんどんあがっていく心配がなくなります。

水を止める受け止める

床をビニールシートなどでカバーして、溢れた水をバケツなどで受け止めます。また、水漏れがひどくなっても床に汚れがつかない状態にすることで、木材を保護できます。周囲の家財が水に塗れると故障の原因となるため、電気器具などは遠ざけておきましょう。

タオルを巻く

原因の箇所がわかる場合は、タオルなどを巻き付けます。蛇口の接続部分から水漏れするケースも多いので、どこが原因になっているのか確認しましょう。水漏れがひどいとタオルがすぐ水浸しになってしまうため、新しいものと交換します。

効果的な応急処置~水つまりの場合~

養生をする

水つまりが起こった周辺の床をビニールシートで養生して、被害拡大を防ぎます。ピクニックに行く時のレジャーシートなど何でもいいので、使えそうなものを探しましょう。また、ビニールシートが見つからない場合には、大判タオルや雑巾で代用できます。

水かさを減らす

洗面台にたまった水をバケツなどで汲み上げて、時間稼ぎをしてください。汲み上げた水をそのまま流すと意味がないので、庭などに捨ててください。汚水を汲み上げる場合は衛生面が心配なので、ゴム手袋やマスクをして作業しましょう。

異物を取り除く

指輪やおもちゃなど水つまりの原因がわかっているなら、可能な範囲で取り除きます。排水溝が詰まっている場合は、ラバーカップを使ってください。汚れがたまって詰まった状態なら、ワイヤーブラシなどで側面をこすり、水の流れを改善しましょう。

応急処置はあくまでも時間稼ぎ

水のトラブルへの応急処置は、その場を乗り切るための時間稼ぎに過ぎません。そのため、できる限りの対応をしたうえで専門業者に依頼して、根本的な解決を急ぎましょう。中には24時間365日体制で水のトラブル対応窓口を設ける業者も多く、早朝や深夜でも連絡できます。また、すぐに自宅へ駆けつけてくれる業者なら、その日のうちに処置できます。自分で何とかしようとすると余計に状態を悪化させて、深刻な被害に繋がるケースがあります。ですので、信頼できる業者に依頼して、早めの解決を目指しましょう。

TOPボタン